ホーム > 茨城を創る > 商工業 > 金融・経営支援 > 令和元年度M&Aマッチング促進事業のご案内

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2019年7月4日

令和元年度M&Aマッチング促進事業のご案内

県では,後継者不在企業の第三者への譲渡による事業承継であるM&Aを検討している中小企業者を支援するため,マッチングコーディネーターを配置し,企業概要書の作成及び株価の仮算定や,インターネットプラットフォームを活用した相手先企業の選定を支援いたします。

 

支援内容

支援専門家

①企業概要書の作成②株価の仮算定の実施

マッチングコーディネーター(企業評価担当)

M&Aマッチング(相手先企業の選定)

マッチングコーディネーター(マッチング担当)

 

支援を受けるための主な用件

茨城県事業承継支援ネットワークに参画している地域金融機関等(常陽銀行,筑波銀行,水戸信用金庫,結城信用金庫,茨城県信用組合)の支援を受け,かつ,県内に主たる事務所または事業所を有する中小企業者で,下記の要件を全て満たす者
(※本事業における中小企業者の要件もご確認ください)

    【企業評価担当の支援を受ける場合】
  1. 事業承継を目的に,概ね3年以内にM&A(第三者への譲渡)を検討している者
  2. コーディネーターによる企業評価の結果を基に,地域金融機関等又はマッチングコーディネーター(マッチング担当)の支援を受け,M&A(第三者への譲渡)をしようとする者
  3. 直近の事業年度における純資産が,概ね2億円以下の者
    【マッチング担当の支援を受ける場合】
  1. 事業承継を目的に,概ね1年以内にM&A(第三者への譲渡)を検討している者
  2. 株式会社バトンズの提供するインターネットプラットフォームに企業情報を登録し,M&Aマッチング(相手先企業の選定)をしようとする者
  3. 直近の事業年度における純資産が,概ね2億円以下の者

 

事業における中小企業者の要件

事業における「中小企業者等」とは,次の全てを満たし,県内に主たる事務所または事業所を有する者とします。

  1. 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者
  2. 支援申請時までに,茨城県事業承継支援ネットワークに参画している地域金融機関等の実施する事業承継診断を受けたうえで,当該金融機関にM&Aの相談をし,支援を受けている者
  3. 茨城県税並びに消費税及び地方消費税を滞納していないこと
  4. 民事再生法又は会社更生法による申立てを行うなどの,補助事業の継続性について不確実な状況が存在していないこと
  5. 個人事業者にあっては事業主が破産手続開始決定を受けて復権を経ていない者でない
  6. 茨城県暴力団排除条例(平成22年茨城県条例第36号)第2条第1号から同条第3号までに規定する者ではないこと
  7. インターネットプラットフォームの運営会社である株式会社バトンズが提供するウェブサイト『Batonz』のサービスを利用する者との間の利用関係を定めた利用規約第6条(利用登録の拒否事由)に該当しないこと
  8. その他,県が適切ではないと判断する者ではないこと

申請方法

事前に地域金融機関等(常陽銀行,筑波銀行,水戸信用金庫,結城信用金庫,茨城県信用組合)にM&Aについてご相談の上,地域金融機関等を経由し,マッチングコーディネーターに申請書を提出。

 

follow

提出締切

 令和2年1月31日(金)マッチングコーディネーター必着
※申請多数の場合は,期限前に締め切る場合がございます。

 

※ 相手先候補企業の選定は行いますが,申請企業の希望する相手先が見つからない場合もあります。
  その場合でも,マッチングコーディネーターの支援は,令和2年3月31日までとなります。
※ 支援終了後も,県から求めがあった場合には,M&Aの進捗状況を報告いただきます。

 

支援決定後にマッチングコーディネーターに提出が必要となる書類

1 会社商業登記簿謄本(履歴事項証明書)
2 定款
3 決算書,法人税申告書,勘定科目内訳明細 各3期分
*決算書…貸借対照表,損益計算書,販売費及び一般管理費,
              原価報告書,株主資本変動計算書,個別注記表,期末残高試算表
4 売上及び仕入内訳 1期分
5 固定資産台帳(固定資産課税明細書)
6 マッチングコーディネーター(マッチング担当)の支援を受ける場合のみ
金銭消費貸借契約の写し
返済予定表
保証料の明細(信用保証協会利用の場合)
7 マッチングコーディネーター(企業評価担当)の支援を受け,
その後マッチングコーディネーター(マッチング担当)の支援を受ける場合のみ
企業概要書
8 その他M&Aマッチングを実施するにあたり必要となる書類

 

 

 【参考:マッチングコーディネーターの支援範囲】

 maching[M&Aの実行フロー 出典:中小企業白書2018年版]

  ↓       ↓

  ①   ②

①仲介者・アドバイザーによる事業評価:マッチングコーディネーター(企業評価担当の業務)
②相手先企業の選定(マッチング):マッチングコーディネーター(マッチング担当の業務)

※マッチングコーディネーターの支援以降のM&Aの手続きについては,インターネットプラットフォーム運営
  会社(株式会社バトンズ)にご相談ください。(要手数料)

 

マッチングコーディネーターのご案内(PDF:741KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部中小企業課経営支援室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3560

FAX番号:029-301-3569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?