ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 県民生活環境部 > 本庁 > オリンピック・パラリンピック課 > パラオ共和国陸上競技選手団が小野寺副知事を訪問しました

ここから本文です。

パラオ共和国陸上競技選手団が小野寺副知事を訪問しました

 平成30年6月6日(水曜日),東京オリンピックに向けた事前キャンプのため来県したパラオ共和国陸上競技選手団が,受入先である三次常陸大宮市長,鈴木茨城県議会議員(常陸大宮市選出)とともに小野寺副知事を表敬訪問し,交流を深めました。

 

 パラオ共和国は,平成29年4月21日に常陸大宮市・宮城県蔵王町と事前キャンプの基本合意書を締結しました。今回6月2日から6月30日まで,本県で陸上,水泳,柔道の事前キャンプを実施します。

 なお,基本合意書を締結した県内自治体における2020年東京オリンピックに向けた事前キャンプの実施は,今回のパラオ選手団が初となります。 

歓談の様子

歓談の様子

 

副知事から茨城県産のメロン「イバラキング」が選手団へ贈られました。

 集合写真

集合写真(左から三次常陸大宮市長,本多コーチ,エリラウ選手,コシバ選手,小野寺副知事,ゲインズ選手,ウエハラ選手,テルトゥル選手,鈴木県議会議員)