ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 鹿行地域 > 農業振興課の業務内容 > 農作業中の熱中症に注意しましょう!(2)

ここから本文です。

更新日:2021年6月28日

農作業中の熱中症に注意しましょう!(2)

〇農作業中の熱中症に注意しましょう

暑い日が続き、熱中症に注意が必要な季節になりました。熱中症は適切な対策をすることで防ぐことが可能です。家族、近隣の農業者と声を掛け合い、熱中症対策を行いましょう。

過去10年間の農作業中の熱中症による死亡事故を見ると、その8割以上が7~8月に集中しており、今後は更に農作業中の熱中症に注意が必要です。

また、今年の夏も新型コロナウイルス感染症対策が続きますので、屋外やハウスで人と十分な距離が確保できる場合においては、マスクを外して作業するなど、適切な対応が必要です。

 

農林水産省では、令和3年5月20日(木)プレスリリース(PDF:859KB)のとおり、MAFFアプリに「熱中症警戒アラート」の通知機能を追加し、運用しています。

現時点では、沖縄県のみに「熱中症警戒アラート」が発出されていますが、今後は全国各地で発出することが予想されます。

農業者の皆様におかれましては、MAFFアプリの積極的な登録、活用をお願いします。

農作業中の熱中症対策について

〇高温時の作業は避けましょう。

 特に70歳以上の方は、のどの渇きや気温の上昇を感じづらくなります。

 日中の気温の高い時間帯は外して作業しましょう。

〇単独作業は避けましょう。

 なるべく2人以上で作業し、時間を決めて声を掛け合ったり、異常がないか確認し合うようにしましょう。

〇20分おきに休憩、水分補給をしましょう。

 涼しい日陰などで作業服を脱ぎ、体温を下げましょう。

 のどがかわいていなくても、20分おきに毎回コップ1~2杯以上を目安に水分補給しましょう。

〇適宜マスクを外しましょう。

 屋外やハウスで、人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すようにしましょう。

 

農作業中の熱中症対策チェックのチラシはこちら(PDF:335KB)

MAFFアプリについて

令和3年4月28日より、地域内の暑さ指数(WBGT)が最高で33以上となると予想された場合に、環境省熱中症予防サイト等で当該情報を提供する「熱中症警戒アラート」の運用が全国で開始されています。

近年、熱中症搬送者数が増加傾向にあることから、環境省と気象庁は、熱中症の危険が極めて高い暑熱環境が予測される場合に、暑さへの「気付き」を呼びかけ、熱中症予防行動を効果的に促す「熱中症警戒アラート」について運用を始めました。

 

農林水産省では、MAFFアプリに登録された方の地域に環境省および気象庁が運用する「熱中症警戒アラート」が発出された場合、当日の朝7時ごろに自動でMAFFアプリにアラートが通知されるプッシュ通知機能を追加し、令和3年5月20日より運用を開始しました。

農作業中の熱中症予防対策のため、MAFFアプリをご活用ください。

 

※「熱中症警戒アラート」の自動通知を受け取るには

①スマートフォンにMAFFアプリをダウンロード(無料)。

②MAFFアプリのマイページのプロフィール更新で、以下の作業を行う。

 ・都道府県と市区町村を設定

 ・push通知をON

 ・更新

 スマートフォン端末の「設定」から通知の設定もご確認ください。

 MAFFアプリからの通知が許可されていることが必要です。

③MAFFアプリを最新のバージョンで使用する。

 

MAFFアプリについては、こちら(PDF:495KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

鹿行農林事務所振興・環境室 

茨城県鉾田市鉾田1367-3鉾田合同庁舎内

電話番号:0291-33-4117

FAX番号:0291-33-4264

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?