ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 鹿行地域 > 農業振興課の業務内容 > クロルピクリンの使用方法に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2021年6月11日

クロルピクリンの使用方法に注意しましょう!

〇かんしょの作付が増えており、 クロルピクリン※が原因と推察される健康被害等が報告されています。

農業者の皆様におかれましては、以下の点に注意のうえ、クロルピクリンの安全な使用をお願いいたします。

 

※クロルピクリンとは?

土壌中の病原菌、害虫、センチュウ類を防除する効果がある農薬で、野菜や花き等に広く使用されています。ドジョウピクリンやドロクロール等の商品名で販売されています。

気化しやすく、催涙を伴う強い刺激性のガス体になる農薬です。

使用上の注意

①住宅、畜舎、鶏舎付近ではガスによる危害防止に配慮し、近所への事前のお知らせを行うとともに、薬剤使用にあたっては気温や風向きに配慮してください。

 

②眼、のど、鼻を刺激するので、防護マスク(土壌くん蒸用)と保護メガネのゴーグル等の適切な保護具を着用してください。

 

③薬剤使用時には、ラベルを確認するとともに、薬剤注入後は直ちに覆土とシート(0.03mm以上)でしっかり被覆してください。

 

④ハウスは開け放してから処理し、作業(被覆)後は直ちに密閉してください。作業後は臭気がないことを確認してから入室してください。

 

⑤薬剤は使い切り、他容器への移し替え、小分けはしないでください。使用済み容器は残液、残臭を確認して、産業廃棄物として処分してください。

 

⑥誤飲、誤使用、盗難等を防ぐため、食品等と分けて、鍵のかかる冷暗所に「医療用外劇物」と表示して保管し、台帳で管理してください。

 

クロルピクリンの使用方法、使用上の注意点の詳細(参考資料)

〇クロルピクリンの使用方法や使用上の注意点の詳細については、以下の資料をご覧ください。

 

※すべて別ウィンドウで開きます。

お問い合わせ先

〇クロルピクリンについてのご相談は、以下の問い合わせ先へご連絡ください。

  • 農薬と思われる被害について

 ・鹿行農林事務所 企画調整部門 振興・環境室 農業振興課

  電話番号:0291-33-4117

   FAX番号:0291-33-4264

 

  • 農薬の使用方法について

 ・鹿行農林事務所 経営・普及部門 (鉾田市、鹿嶋市、神栖市)

  電話番号:0291-33-6193

  FAX番号:0191-33-6725

 

 ・行方地域農業改良普及センター(行方市、潮来市)

  電話番号:0299-72-0256

   FAX番号:0299-72-1690

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

鹿行農林事務所振興・環境室 

茨城県鉾田市鉾田1367-3鉾田合同庁舎内

電話番号:0291-33-4117

FAX番号:0291-33-4264

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?