ここから本文です。

更新日:2018年6月4日

平成30年度「統計の日」標語決定

 平成30年6月4日掲載

総務省では、統計の重要性に対する関心と理解を深め、統計調査に対する国民のより一層の協力を頂けるようにと定めた「統計の日」(10月18日)の周知を図るため、毎年「統計の日」のポスターを始めとする広報媒体に活用すべく標語を募集しています。

 

特選作品

統計調査員の部

活かせ統計、未来の指針。(群馬県藤岡市統計調査員:鹿沼 十三二)

佳作作品

小学生の部

調べたい もっと知りたい ぼくのまち(兵庫県西脇市立日野小学校4年:大江 清覇)

中学生の部

進むべき 未来の ヒントは 統計に(愛知県尾張旭市中学生:松下 孝誠)

高校生の部

統計は 確かな明日の 推進力(鹿児島県鹿児島県立伊集院高等学校3年:中村 悠汰)

一般の部

統計で知る 小さな兆候 大きな展望(東京都:鮎川 郁夫)

公務員の部

次世代へ 未来を託す 確かな統計(財務省名古屋税関職員:藤井 和芳)

(敬称略、学年は平成30年6月現在)

応募総数

9,817点

作品の使用

入選した作品は、「統計の日」ポスターのほか、統計調査環境を整備するための各種広報に活用されます。

 

 

このページの先頭に戻る

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課普及情報

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2637

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?