ここから本文です。

更新日:2017年1月17日

茨城県景気ウォッチャー調査特定キーワード再編集

 平成29年1月17日掲載

茨城県企画部統計課 企画分析グループ 飯田千穂

特定の項目に着目して取りまとめることにより,新たな姿を現せることが期待できることから,これまでに公表した景気ウォッチャー調査結果の中から,特定のキーワードを選定し,再編集しました。

この度,「廃業,閉店」及び「台風・雨・天候」に関連する景気ウォッチャーのコメントをとりまとめ再編集しましたので,その概要を以下のとおりお知らせいたします。

 1.「廃業,閉店」関連

【特定キーワード】廃業,閉店,閉鎖,撤退,撤去,,倒産,潰れ,つぶれ
  • キーワード毎のコメント数を足し上げているため,1つのコメントに違うキーワードが複数ある場合,キーワードの数だけカウントされている。

【特定キーワード】廃業,閉店,閉鎖,撤退,撤去,倒産,潰れ,つぶれのカウント数のグラフ

第2次安倍内閣が平成24年12月に発足以降,「廃業・閉店」等に関するコメントは1調査当たり5~7件程度で推移していたところ,平成27年以降増加に転じ,平成27年は平成26年の倍以上で推移していることから,関連キーワードと企業倒産件数との関係について分析を試みました。

  • 平成25年3月から平成26年12月は調査開始以来,特定キーワードに関するコメント数が最も少ない。
  • 平成27年3月以降は10~15件で推移しており,前2年間に比べ倍増。ただし,平成24年12月以前のコメント数の平均は18件。

≪特定キーワード数が多かった期間の傾向・ウォッチャーからのコメント≫

平成14年9月,平成14年12月

  • 日本加工製紙(注:平成14年5月29日),協和香料化学(注:平成14年8月29日)等の倒産をはじめ,日立製作所関連企業の早期退職等により,地域全体に不況感が漂っているなか,日立製作所関連企業の単価切り下げや支払サイトの長期化により,地域内の業種全般に対して売上げ,収益,資金繰りを悪化させている。(県北-非製造業(金融業))

 

平成17年9月,平成17年12月

  • ダイエー水戸店の閉店(注:平成17年10月31日),赤塚駅前開発(注:~平成17年4月),内原イオンモールのオープン(注:平成17年11月11日)等により,水戸駅北口が空洞化するのではないか。また,ガソリン価格がどこまで値上がりするかも心配である。(県央-ゲームセンター)

平成21年3月

  • 地元の工業団地において,1970年代に進出してきた企業の撤退や生産規模の縮小等が続き,それに伴い,印刷関連の仕事も減少している。さらに,単価の下落が止まらず,採算割れ寸前の状態が続いている。(県西-製造業(化学工業))

平成28年3月

  • 身近な企業で倒産・廃業があったり,100年を越える同業者がM&Aで事業をつないだりと,何かと慌ただしい状況になっている。改めて事業を継続することの難しさを感じさせられた。(県北-商店街代表者)
  • 近隣の小規模店や個人事業店などの倒産や閉店が相次いでいる。新しく大型店ができれば,その地区の小型店はやはり続けられなくなるのだろうか。(県南-小売業(食品・酒類))

 

ページの先頭に戻る

 2.「台風・雨・天候」関連

本調査が開始してからこれまでに特定キーワード「台風」についてのコメントが85件あり,平成28年9月調査は本調査開始以来「台風」というキーワードが最も多い結果となりました。

特定キーワード「台風」のコメント数のグラフ

平成28年9月調査で多くみられた「台風・雨・天候」に関連する景気ウォッチャーのコメントをとりまとめ再編集しました。

 

【特定キーワード】台風・雨・天気・天候・暑・災・日照・野菜

台風等に関するコメントについて,平成28年9月調査の回答者291人中57人(20%)から71件のコメントがありました。台風等に関する現状判断DIは31.6,先行き判断DIは48.7となりました。(県全体の現状判断DIは44.2,先行き判断DIは47.6)

≪ウォッチャーからのコメント≫

現状・・・台風に関するコメントが34件ありました。

  • 昨年と比べ,天候がやや不順で,盆の商いがやや低迷。特に8月後半の台風等の影響が大きかった。(スーパー)
  • 台風が3回も発生し,天候,交通手段も乱れ,夏休みにも影響が出ていた。ゴルフ場もそうだが,レジャー旅行等に関する景気についても悪い影響があると思われる。(ゴルフ場)
  • 北海道や東北で相次いだ台風の上陸や接近に伴う記録的な大雨の影響で,原料が高騰し,利益が減少。(製造業(食料品))

先行き・・・台風に関するコメントが19件ありました。

  • 台風の影響もあり,農産物への被害が拡大する中で,野菜の高騰等,消費も落ち込むのではないかと思える。(農業関係者)
  • 北海道や東北の大雨による野菜の高騰が年内続くのではないかと思う。(製造業(食料品))
  • 天候不順(台風等)による工事の延期や遅れなどがある。(製造業(窯業・土石製品))

 

台風に関するコメントをしたウォッチャーの景気判断

台風に関するコメントをしたウォッチャーの景気判断のグラフ

その他・・・台風に関するコメントが18件ありました。

 

  • 悪天候により農作物への被害があり,物価の上昇などが心配である。(都市型ホテル)
  • 北海道地区で,台風通過の影響による工場施設への浸水被害が発生して,季節的に最盛期を迎えているスイートコーン缶詰生産の減少が懸念される。(製造業(食料品))
  • 台風による北海道の農業被害で一部の野菜が高くなっているのが長続きしないか心配です。(和食食堂)

 

ページの先頭に戻る

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課企画分析

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2632

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?