ここから本文です。

更新日:2018年8月17日

茨城の工業(平成29年工業統計調査結果報告書)

 平成30年8月17日掲載

 目次

見たい項目をクリックしてください。

調査結果の概要

  1. 概況
  2. 事業所数
  3. 従業者数
  4. 製造品出荷額等
  5. 付加価値額(従業者29人以下は粗付加価値額)
  6. 在庫額(従業者30人以上の事業所)
  7. 有形固定資産投資総額

統計表

  1. 累年比較
  2. 平成29年結果表
  3. 地域別統計編
  4. 従業者30人以上の事業所統計編
  5. 品目編

利用上の注意

  1. 調査の目的
  2. 調査の根拠
  3. 調査日
  4. 調査対象
  5. 調査の方法
  6. 事業所の産業の決定方法
  7. 集計項目の説明
  8. 集計の算式
  9. 消費税の補正
  10. 産業中分類の略称
  11. 地域区分
  12. 統計表の中の記号
  13. その他

ページの先頭に戻る

 調査結果の概要

 1.概況

事業所数

事業所数は,11.7%の減少,全国第12位

平成29年6月1日現在の従業者4人以上の事業所数は,5,154事業所で,前年調査結果と比較して682事業所(-11.7%)減少した。

従業者数

従業者数は,0.4%の増加,全国第7位

平成29年6月1日現在の従業者4人以上の事業所における従業者数は,26万2,878人で,前年調査結果と比較して1,152人(0.4%)増加した。

製造品出荷額等

製造品出荷額等は,6.9%の減少,全国第8位

平成28年の製造品出荷額等は,11兆2,088億円で,前年調査結果と比較して8,288億円(-6.9%)減少した。

製造品出荷額等を市町村別でみると,神栖市が1位

製造品出荷額等を市町村別でみると,神栖市が1兆3,489億円で最も多く,次いで日立市1兆74億円,ひたちなか市8,641億円の順となっている。

平成29年工業統計調査の主要項目(従業者4人以上)
区分 平成27年 平成28年 増減数 増減率(%) 全国順位
本県 全国

事業所数(所)

5,836

5,154

-682

-11.7

-12.1

12位(10位)

従業者数(人)

261,726

262,878

1,152

0.4

1.0

7位(8位)

製造品出荷額等(億円)

120,376

112,088

-8,288

-6.9

-3.5

8位(8位)

  • (注)1.全国順位は,経済産業省公表の平成29年工業統計確報による。
  • (注)2.全国順位の括弧書きは前年順位である。
  • (注)3.平成27年は,「平成28年経済センサス-活動調査」結果による。
  • (注)4.平成28年は,「平成29年工業統計調査」結果による。
第1図:年次別本県工業の推移(平成22年=100)

第1図:年次別本県工業の推移のグラフ

第1表:主要項目の推移(従業者4人以上の事業所)平成22年=100
年次 事業所数 従業者数 製造品出荷額等
(所) 指数 (人) 指数 (億円) 指数

平成18年

6,566

110.7

274,077

102.4

114,918

106.0

平成19年

6,625

111.6

290,050

108.4

127,441

117.5

平成20年

6,765

114.0

286,969

107.3

123,102

113.5

平成21年

6,180

104.1

265,857

99.4

97,794

90.2

平成22年

5,934

100.0

267,549

100.0

108,458

100.0

平成23年

6,110

103.0

253,949

94.9

105,368

97.2

平成24年

5,818

98.0

266,106

99.5

110,977

102.3

平成25年

5,569

93.8

253,718

94.8

109,013

100.5

平成26年

5,485

92.4

259,595

97.0

114,085

105.2

平成27年

5,836

98.3

261,726

97.8

120,376

111.0

平成28年

5,154

86.9

262,878

98.3

112,088

103.3

  • (注)平成19年調査において,事業所の捕そくを行ったため,また,製造以外の活動を把握する目的で,製造品出荷額等に「その他収入額」を調査項目として追加したため,平成18年以前の数値とは接続しない。

ページの先頭に戻る

 2.事業所数

-事業所数は前年調査(平成28年経済センサス-活動調査)より減少-

事業所数は,5,154事業所で,前年と比較して682事業所(-11.7%)減少した。(統計表第1表)

(1)産業中分類別の状況

事業所数が増加したのは1業種,他の23業種は全て減少した。
前年と比較し変動の大きい業種は次のとおりである。(統計表第3表)

≪増加した業種≫

≪減少した主な業種≫

業種名 増減数 増減率 業種名 増減数 増減率

化学

7事業所

3.7%

金属製品

-94事業所

-11.5%

 

 

 

プラスチック製品

-89事業所

-16.5%

 

 

 

食料品

-71事業所

-8.9%

また,構成比の高い業種は次のとおりである。(統計表第3表)
この3業種で全体の36.9%を占めている。

≪構成比の高い業種≫

業種名 事業所数 構成比

食料品

727事業所

14.1%

金属製品

725事業所

14.1%

プラスチック製品

450事業所

8.7%

(2)従業者規模別の状況

規模別に前年と比較すると,小規模及び中規模の事業所では減少しているが,大規模事業所では増加している。(統計表第4表)

事業所規模 事業所数 構成比 対前年
増減事業所数 増減率
小規模事業所(4~29人)

3,662事業所

71.1%

-641事業所

-14.9%

中規模事業所(30~299人)

1,357事業所

26.3%

-44事業所

-3.1%

大規模事業所(300人以上)

135事業所

2.6%

3事業所

2.3%

(3)地域別の状況

地域別に前年と比較すると,すべての地域で減少している。(統計表第5表)

地域別 事業所数 構成比 対前年
増減事業所数 増減率

県北地域

1,099事業所

21.3%

-101事業所

-8.4%

県央地域

639事業所

12.4%

-64事業所

-9.1%

鹿行地域

458事業所

8.9%

-51事業所

-10.0%

県南地域

1,192事業所

23.1%

-146事業所

-10.9%

県西地域

1,766事業所

34.3%

-320事業所

-15.3%

(4)市町村別状況

市町村別にみると,日立市が最も多く,次いで古河市,筑西市の順となっている。(統計表第10表)

市町村別 事業所数 構成比 対前年
増減事業所数 増減率

日立市

350事業所

6.8%

-17事業所

-4.6%

古河市

339事業所

6.6%

-64事業所

-15.9%

筑西市

292事業所

5.7%

-46事業所

-13.6%

第2図:産業中分類別事業所数構成比


第2図:産業中分類別事業所数構成比のグラフ

 

第3図:地域別事業所数構成比

第3図:地域別事業所数構成比のグラフ

ページの先頭に戻る

 3.従業者数

-従業者数は3年連続で増加-

従業者数は26万2,878人で,前年と比較して1,152人(0.4%)増加した。(統計表第1表)

(1)産業中分類別の状況

従業者数が増加したのは13業種,減少したのは11業種であった。
前年と比較し変動の大きい業種は次のとおりである。(統計表第3表)

≪増加した主な業種≫

≪減少した主な業種≫

業種名 増減数 増減率 業種名 増減数 増減率

輸送用機械

2,084人

13.1%

電気機械

-1,861人

-7.5%

生産用機械

975人

5.3%

はん用機械

-1,249人

-7.8%

化学

797人

5.5%

プラスチック製品

-833人

-4.1%

また,構成比の高い業種は次のとおりである。(統計表第3表)
この3業種で全体の33.7%を占めている。

≪構成比の高い業種≫

業種名 従業者数 構成比

食料品

42,027人

16.0%

金属製品

23,662人

9.0%

電気機械

22,895人

8.7%

(2)従業者規模別の状況

規模別に前年と比較すると,小規模事業所では減少しているが,中規模・大規模事業所では増加している。(統計表第4表)

事業所規模 従業者数 構成比 対前年
増減数 増減率

小規模事業所(4~29人)

45,641人

17.4%

-2,678人

-5.5%

中規模事業所(30~299人)

117,079人

44.5%

2,259人

2.0%

大規模事業所(300人以上)

100,158人

38.1%

1,571人

1.6%

(3)地域別の状況

地域別に前年と比較すると,鹿行地域では減少しているが,県北・県央・県南・県西地域では増加している。(統計表第5表)

地域別 従業者数 構成比 対前年
増減数 増減率

県北地域

66,456人

25.3%

391人

0.6%

県央地域

23,774人

9.0%

1,001人

4.4%

鹿行地域

25,580人

9.7%

-674人

-2.6%

県南地域

71,451人

27.2%

14人

0.0%

県西地域

75,617人

28.8%

420人

0.6%

(4)市町村別状況

市町村別にみると,日立市が最も多く,次いでひたちなか市,古河市の順となっている。(統計表第10表)

市町村別 従業者数 構成比 対前年
増減数 増減率

日立市

23,238人

8.8%

-1,940人

-7.7%

ひたちなか市

20,878人

7.9%

613人

3.0%

古河市

17,134人

6.5%

1,265人

8.0%

第4図:産業中分類別従業者数構成比

第4図:産業中分類別従業者数構成比のグラフ

 

第5図:地域別従業者数構成比

第5図:地域別従業者数構成比のグラフ

ページの先頭に戻る

目次に戻る

調査結果の概要2へ

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課商工農林

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2656

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?