ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症情報センター > 報道機関へ情報提供した資料 > 介護老人保健施設における腸管出血性大腸菌感染症の集団発生について(第六報)

ここから本文です。

更新日:2017年8月10日

介護老人保健施設における腸管出血性大腸菌感染症の集団発生について(第六報)

 医療法人社団浦川会 介護老人保健施設勝田(かつた)(管理者:梶野永津子(かじのえつこ),所在地:ひたちなか市中根5125-2)の入所者に係る腸管出血性大腸菌(O157)(オーイチゴーナナ)の集団発生において,新たに5名の感染症発生届出があり,計26名となりました。新たな感染者は5名(2名は入所者,3名は職員)です。

引き続き,ひたちなか保健所は,感染症と食中毒の両面からの調査と衛生指導を行うとともに,同施設の職員,入所者等を対象とした健康調査及び検便を行っています。

 

平成29年8月10日報道機関提供資料(PDF:246KB)

参考(PDF:190KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部保健予防課健康危機管理対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3219

FAX番号:029-301-3239

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?