ここから本文です。

更新日:2018年3月1日

オストメイト対応トイレ・音声誘導装置等に係る改正(平成17年4月1日施行)

改正の概要

茨城県では、オストメイト(人工肛門及び人工ぼうこうの保有者)や視覚障害者の社会参加をより一層推進するため、「茨城県ひとにやさしいまちづくり条例」の施行規則の施設整備基準等の一部改正を行い、平成16年8月12日付けで公布しました。

トイレにおけるオストメイトに対応した器具の設置

近年の直腸がん,膀胱がん等の増加に伴い、尿意や便意をコントロールできず、特別な装具が必要なオストメイトは増加傾向にあり、現在、茨城県内でも約3,000名のオストメイトがいると推計されています。オストメイトの積極的な社会参加を推進するためには、装具の着脱・洗浄等の設備を備えた専用のトイレが必要ですが、現在は公共的施設における整備が十分とはいえないため、対応器具の整備基準を設けました。

  • 改正後:(規則別表第2その1多くの人が利用する施設に係る整備基準の表5)オストメイトのための洗浄設備等の整備基準の新設
  • 改正前:(規定なし)

廊下及び敷地内通路における誘導用床材と音声誘導装置の併設

改正前は、視覚障害者用の誘導用床材と音声誘導装置はいずれかを設置すればよいこととなっていましたが、視覚障害者の積極的な社会参加と、公共的施設の利用の利便向上のため、誘導用床材と音声誘導装置を併設するという基準に改正しました。

  • 改正後:(規則別表第2その1多くの人が利用する施設に係る整備基準の表2、7)誘導用床材かつ音声誘導装置の設置(併設
  • 改正前:(規則別表第2その1多くの人が利用する施設に係る整備基準の表2、7)誘導用床材又は音声誘導装置の設置(選択的)

適用時期

今回の改正の適用時期は、事業者や一般県民などへの周知期間を設けて実効性のあるものとするため、平成17年4月1日からとしました。

県内の設置状況(主なもの)

茨城県庁舎、4つの地方総合事務所(県北、鹿行、県南、県西)、県立中央病院、土浦京成ホテル 茨城県庁舎、県立視覚障害者福祉センター
市町村 水戸市役所本庁舎、水戸市立見和図書館、土浦市役所庁舎、ふじしろ中央図書館、十王物産センター 日立シビックセンター、龍ケ崎市役所、つくば市立中央図書館、新利根町ふれあいセンター
民間 JR(水戸駅、勝田駅、佐和駅、土浦駅)、土浦京成ホテル、つくばクレオスクエアキュート、つくばエクスプレス各駅、イオン内原ショッピングセンター JA(水戸駅、勝田駅、赤塚駅)、つくばエクスプレス各駅、イオン内原ショッピングセンター

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部長寿福祉推進課長寿企画・援護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3326

FAX番号:029-301-3349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?