ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2019年7月26日

お知らせ

県立中央病院(笠間市)における障害者雇用の取り組みについて

病院局では、障害者の雇用を推進するため、平成31年2月1日からワークスペース「ゆりのき工房」を県立中央病院内に設置しております。

「ゆりのき工房」では、これまで看護師等が行っていた業務の中から障害者に適した業務を抽出・集約し、現在、6名が働いております。

これからも、病院内で業務の掘り起こしを図り、雇用の場の拡大に努めてまいります。

 (1)メンバー

6名(知的3名、精神3名)平均年齢29.5歳〔令和元年6月1日現在〕

(2)身分等

非常勤嘱託職員(原則として週30時間)

(3)主な業務内容

〇診療・看護に関する消耗品の製作・配送

点滴用絆創膏カット、痰吸引チューブカット、注射針切り離しなど

〇病棟業務(ベッドメイキングや経管栄養で使用した器具の洗浄)

〇清掃、シュレッダー、資料の袋詰めなど

〇研修会アンケート入力、研修資料準備

 

「ゆりのき工房」での作業の様子 点滴用絆創膏カット

「ゆりのき工房」での作業の様子

点滴用絆創膏カット

【名称について】シンボルツリー「ゆりのき」

県立中央病院の駐車場ロータリーにある木が病院のシンボルツリー「ゆりのき」です。

ゆりのきのように病院の大切な存在になって欲しい、まっすぐ伸びていって欲しい、長い間愛される存在になって欲しいという願いを込めて「ゆりのき工房」と命名しました。

 

 

 

 

茨城県立3病院における医療費の未収金にかかる収納代行業務について

茨城県立3病院における医療費の未収金にかかる収納代行業務について、未収金の一部を「弁護士法人舘野法律事務所」へ委託しました。
お支払いが滞っている方には、「弁護士法人舘野法律事務所」から文書及び電話等によりご連絡する場合がありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
茨城県報第3089号(PDF:6,357KB)

 

 

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

病院局経営管理課庶務

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-6516

FAX番号:029-301-6519

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?