ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > 赤色・黄色いばらき特集

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2018年10月29日

赤色・黄色いばらき特集

赤の紅葉や黄色の銀杏をはじめとした、鮮やかな紅葉はまさに絶景

黄色:茨城県立歴史館、西連寺

赤色:永源寺(もみじ寺)/袋田の滝/花貫渓谷/竜神大吊橋

深まりゆく秋。全国各地から「紅葉」の便りが届きだす季節です。そこで今回は、黄色の『いちょう』と真っ赤な『もみじ』が人気の名所をセレクトしました。茨城なら東京からも近く日帰りでもたっぷり楽しめます。

思い立ったら、さあ!出発。色鮮やかな秋の景色を鑑賞しませんか!

 

銀杏並木がつくりだす黄金色の世界
茨城県立歴史館/水戸市

例年の見ごろ
11月中旬~11月下旬

1974年に開館した茨城県立歴史館は、歴史博物館と文書館の機能を併せもつ施設としてつくられました。歴史館の見どころのひとつでもある約50mの銀杏並木は、11月中~下旬に黄葉を迎え、辺り一面まるで金色のカーペットを敷き詰めたような光景です。また、11月9日(金曜日)~11月13日(火曜日)には銀杏並木がライトアップされ、昼間とは違った幻想的な世界が広がります。

 

茨城県立歴史館(外部サイトへリンク)

所在地:茨城県水戸市緑町2-1-15
電話番号:029-225-4425

 

 

時を超えて黄金の輝きを放つ樹齢千年の大銀杏
西蓮寺/行方市

例年の見ごろ
11月下旬~12月上旬

天台宗の西蓮寺は、延暦元年(782年)創建と伝えられる古刹で、仁王門を代表とする数多くの文化財を有しています。その境内にあってひときわ目を引く大銀杏は、県指定天然記念物で、樹齢1,000年といわれる存在感あふれる大木です。黄葉シーズンには、見応え十分の銀杏が黄金の輝きを放ちます。

 

行方市観光協会(外部サイトへリンク)

所在地:茨城県行方市西蓮寺504
電話番号:0299-55-1221

 

 

通称「もみじ寺」と呼ばれるもみじの名所
永源寺/大子町

例年の見ごろ
11月上旬~11月中旬

「もみじ寺」の呼び名でも親しまれる永源寺。

その名の通り、シーズンともなれば赤や黄色のもみじが境内を埋め尽くし、これぞ日本の秋!という美しさを満喫することができ、見物客で賑わいます。大子七福神の弁財天をまつる永源寺は高台にあるため、境内からは大子町を一望することができ、町全体の紅葉も楽しめます。

 

大子町観光協会(外部サイトへリンク)

所在地:久慈郡大子町大子1571
電話番号:0295-72-0285

 

 

四季折々の表情を魅せる四度の滝
袋田の滝/大子町

例年の見ごろ
11月上旬~11月中旬

日本三名瀑のひとつで、水の流れが四段に落下すること、また、季節ごとに違う景色をみせ、四季それぞれに来てみなければ本当の良さはわからないということから、別名「四度の滝」とも呼ばれる袋田の滝。秋が深まるにつれ、色とりどりの紅葉で着飾ります。鮮やかに色づいた袋田の滝をぜひご覧ください。

また、11月1日(木曜日)~2019年1月31日(木曜日)まで、袋田の滝ライトアップ『大子来人~ダイゴライト~』が開催されます。

 

大子町観光協会(外部サイトへリンク)

所在地:久慈郡大子町袋田3-19
電話番号:0295-72-0285
時間:9:00~18時00分(11月~4月は17時00分まで)

 

 

紅葉のトンネルが織りなす絶景の吊り橋
花貫渓谷/高萩市

例年の見ごろ
11月中旬~11月下旬

花貫渓谷では、花貫ダムから名馬里ヶ淵(なめりがふち)、そして小滝沢キャンプ場にかけて美しい景色が続いています。紅葉の見所は「汐見滝吊り橋」。約60mの長さの橋の上から眼下には汐見滝と、花貫川の清流が望めます。吊り橋を渡ると、そこには川沿いに生い茂る木々の枝が赤黄に色づき、川のせせらぎを聞きながら紅葉狩りを楽しめます。

また、11月10日(土曜日)~11月25日(日曜日)まで今年初のライトアップが開催されます。

 

高萩市観光協会(外部サイトへリンク)

所在地:高萩市/中戸川・大能地区
電話番号:0293-23-2121

 

 

紅葉した渓谷にかかる青い橋
竜神峡/常陸太田市

例年の見ごろ
11月上旬~11月下旬

 

秋は、竜神峡が一年を通して最も美しく彩られる季節。竜神大吊橋を渡れば、ダムの湖面より100mの高さから渓谷の美しい景色を一望できます。

また、竜神峡にかかる竜神大吊橋では、日本一高いバンジージャンプが体験できます!まるで紅葉の中に飛び込むような感覚は忘れられない思い出になること間違いなしです。

 

竜神大吊橋(常陸太田市天下野町2133-6)
営業時間:8:30~17時00分

お問い合せ:一般社団法人常陸太田市観光物産協会(外部サイトへリンク)0294-72-8194

 

ローカル線と楽しむ紅葉
~紅葉に染まる奥久慈清流ラインを走るJR水郡線~

水戸と常陸太田、郡山を結ぶ鉄道の水郡線は「奥久慈清流ライン」という愛称でも親しまれており、山方宿駅周辺から磐城石井駅までの間を紅葉する秋の渓谷を車窓から眺めることができ、例年11月中旬から11月下旬にかけて紅葉の見頃を迎えます。

紅葉した山の中を走りぬけるローカル線はノスタルジックで、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。今年の秋は、水郡線で紅葉巡りなどはいかがでしょうか。

 

茨城県内の紅葉スポットリンク(外部サイトへリンク)

豊かな自然に恵まれたいばらきには、おすすめの紅葉スポットがたくさんあります。

紅葉スポットリンクでは、県内の主な紅葉スポットの色づき状況を随時更新しています。こちらもぜひ、チェックしてください。

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーション戦略チームプロモーション

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?