ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 旬の観光情報 > いばらき笠間の栗特集

ここから本文です。

更新日:2019年9月27日

いばらき笠間の栗特集

今年も秋の味覚「栗」の季節がやってきました。
茨城県笠間市は全国でも屈指の栗の産地です。今回は茨城が誇る“栗いろいろ”をご紹介いたします。

 

全国一の栗の産地、いばらき

 

茨城県は、栽培面積・収穫量ともに13年連続全国一(全国の約24%シェアH31年3月29日農林水産省公表資料より)を誇る栗の産地です。県内での栽培は、明治30年頃から始まったとされており、盆地特有の昼夜の寒暖差のある気候、通気性に優れた花崗岩質の土壌や黒土を多く含む土壌は、栗栽培に適しています。特に、茨城県内でも代表的な栗の産地として知られている笠間市では、「手間をかけてでも、本当においしい栗を作りたい」という思いから、「貯蔵栗」を開発しました。栗の糖分を最大限に引き出すため、一定期間0℃前後で冷蔵熟成することにより、糖の含有量が通常の栗の2~3倍となり、非常に甘みが強い栗となります。

今回の栗特集では、全国一の産地にふさわしい、グルメやイベントをピックアップしてご紹介いたします。

 

茨城の栗の代表的な品種

栗は品種によって、甘みが強いもの、風味が豊かなもの、加工にむいているものなど特性はさまざまです。早生(わせ)・中生(なかて)・晩生(おくて)など成熟期も種類によって異なり、9月上旬~10月中旬と収穫時期にばらつきがあります。一般的には、早生は色味がよく加工に向き、中生や晩生は甘みが強いものが多いといわれています。

 

丹沢(たんざわ)
9月上旬~中旬

早生栗の代表格。
扇が三角形でつやがないのが特徴。甘露煮や菓子などの加工品にぴったり。

筑波(つくば)
9月下旬~10月上旬

果頂部に薄毛が生えているのが特徴。粉質の果肉は甘みが強く、香り豊か。鬼皮に光沢があり、ゆでくりや渋皮煮に適している。

大峰(おおみね)
9月中旬

小ぶりでコロンと丸みを帯びている。色は黄色で、くりペーストなどの加工品に最適。

銀寄(ぎんよせ)
9月下旬~10月上旬

横に張っていて、座が広いのが特徴。粒が大きく、暗褐色で形が扁平。果実は粉質で甘みが強く、風味がとても豊か。

石鎚(いしづち)
10月上旬~中旬

赤褐色で光沢のある果皮が特徴。果重はやや大きく、肉質は粉質で甘味も香りもある。日持ちが良く、煮くずれも少ないため加工用原料として適する。

岸根(がんね)
10月上旬~下旬

晩生種の代表的な品種。横に張っていて、果頂部に薄毛が生えているのが特徴。高品質で甘みがあり、貯蔵性も高く、加工にも適している。

 

 

いばらきでは栗づくしのイベント・グルメが楽しめます!

【2019年9月13日】栗アイコン3

笠間市が誇る、栗好きのための栗づくしのイベント

かさま新栗まつり

10月5日(土曜日)・6日(日曜日)

9時00分~16時00分
※入場料無料
※雨天決行

笠間芸術の森公園(茨城県笠間市笠間2345)

栗の一大産地である笠間市では、毎年、新栗の季節に“栗”をテーマにした「かさま新栗まつり」を開催しています。栗生産農家や菓子業者、陶芸家が一堂に会し、栗の試食・販売、栗菓子の販売、栗を使ったゲームなどが催され、家族連れでも楽しめるイベントです。

会場では生栗はもちろん、焼き栗、栗おこわ、栗を使ったスイーツなど、絶品グルメを堪能できます。

また、栗に関連したハンドメイド商品の販売、栗拾い体験,栗を使ったスイーツ作り体験なども実施。

ぜひ、ご来場いただき、旬の栗をご堪能ください!

アクセス

【車】北関東自動車道「友部IC」より車で約15分

【電車】JR水戸線「笠間駅」下車、かさま観光周遊バスにて約10分。

問合せ先

「笠間の栗」を考える会(事務局:笠間市農政課)
0296-77-1101(内線527)

新栗まつりHP(外部サイトへリンク)

 

 

オススメ栗づくしのコースが食べられるお店をご紹介!

笠間の栗ご飯ミニコース

いばらき食彩香寿亭(茨城県笠間市旭町377-9-2)

笠間の栗ご飯ミニコース

ランチ:税込¥1,500・1,800(刺身付き)
ディナー:税込¥1,800

栗づくしのフルコースを堪能!

いばらき食彩香寿亭では、いばらきで獲れたお料理を数多くご用意しています。大子産の湯葉や、久慈浜でとれたのどぐろなど、茨城を堪能するお料理を豊富に取り揃えています。
中でもオススメなのが、笠間の栗と笠間産コシヒカリを炊き立ての釜焚きごはんをメインに、栗のチップ入りサラダや、野菜や海老しんじょうと共に栗の天ぷらが出るなど、ほとんどの料理に栗が使用されています!
さらに、茨城で獲れた新鮮なお刺身もついてくる豪華さ。
笠間の栗を最初から最後までお楽しみいただけるコースです!

営業時間

日曜~木曜:11時30分~14時30分、17時30分~21時30分
金曜・土曜:11時30分~14時30分、17時30分~22時00分

定休日

第1・第3月曜日

問合せ先

0296-73-5102

アクセス

常盤自動車道「岩間IC」から車で約15分

 

 

オススメ栗グルメをご紹介!

マロンポーク丼

グランパとグランマのお店(茨城県笠間市笠間2247-1(まちの駅笠間宿))

マロンポーク丼(税込¥750)

栗を食べて育った豚肉はイベリコ豚に匹敵する!?

栗の生産と並び養豚業も盛んな茨城県。茨城県の栗を食べて育った豚、マロンポーク(栗豚)は、脂身の甘みと柔らかさが特徴です。平均年齢70歳のスタッフが運営する『グランパとグランマのお店』では、日本一の笠間の栗を食べて育った贅沢なマロンポークを使用した「メンチカツ」「コロッケ」をいただくこともできます。今年はマロンポークをふんだんに使用したマロンポーク丼が新メニューとして仲間入り!アツアツのご飯とマロンポークのコンビは、一口食べたら箸が止まらなくなる一品です。

営業時間

11時~16時(定休日/月曜・火曜)

問合せ先

0296-71-8077

アクセス

北関東自動車道「友部IC」から車で約10分
常磐自動車道「岩間IC」から車で約20分
常磐自動車道「水戸IC」から車で約30分

グラウンドワーク笠間HP(外部サイトへリンク)

 

 

オススメ栗スイーツをご紹介!

笠間地栗のモンブラン

洋風笠間菓子グリュイエール(茨城県笠間市下市毛285)

笠間地栗のモンブラン(税込¥626)

笠間の栗を使用したスイーツ

日本一の生産量を誇る「笠間地栗」をたっぷり使用したモンブランです。

パイ生地の上に、栗がたっぷり入ったプチケーキ、その上に栗のペーストをたっぷりとしぼったスイーツ。モンブランペーストの深い味わいを心いくまで堪能できます。

営業時間

9時00分~19時00分(定休日/元旦)
※カフェコーナーは18時まで

アクセス

JR水戸線「笠間駅」下車すぐ、北関東自動車道「友部IC」から車で約8分

問合せ先

0296-72-6557

 

 

 

すいーとまろん・抹茶すいーとまろん

有限会社ナガタフーズ(茨城県笠間市福島711-1)

茨城おみやげ大賞

すいーとまろん(税込¥180/1個)

抹茶すいーとまろん(税込¥180/1個)

2019茨城おみやげ大賞旅みやげ部門大賞受賞商品

笠間市は日本有数の栗の産地です。

地元で採れた笠間産の栗を贅沢に使った焼き菓子「すいーとまろん」。ペースト状にした栗に砂糖を練り込み、甘さ控えめで上品に焼き上げました。

抹茶すいーとまろんは、笠間市産の栗とさしま茶の抹茶を使い、ブランデーや卵黄を練りこんで焼き上げた一口サイズの焼き菓子です。

営業時間

8時00分~17時00分(定休日/土曜、日曜)

問合せ先

0299-45-4572

 

 

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部プロモーション戦略チームプロモーション

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2123

FAX番号:029-301-2168

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?