ホーム > 広報・お知らせ > 広報 > 県民グラフ誌「フォトいばらき」 > 平成17年度 > 茨城県をもっと知りたい県民グラフ誌-フォトいばらき 2005 夏季号 No.560

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

茨城県をもっと知りたい県民グラフ誌-フォトいばらき 2005 夏季号 No.560

 

2005 夏季号 No.560
CONTENTS

表紙(PDF:242KB)
8月24日の開業を目前に控えたつくばエクスプレスが、総合基地で出番を待つ横顔を捉えました。

トビラ・目次(PDF:654KB)

【特集】Special Feature

それぞれの鉄道物語 茨城発(PDF:311KB)
[part 1] 明治の“始発”から120年目のTXまで
巻頭特集Part1では、県内をつなぐ「鉄道」がテーマです。話題のつくばエクスプレスのほか、地域と地域をつなぐ役割を果たしてきた鉄道の歴史物語をはじめ、人々の暮らしとの関わり、素晴らしい風景、鉄道の楽しみ方などを盛り込んでいます。

レールの上を流れた歴史 ◆ 鉄道の歩み(PDF:738KB)

楽しさ連結 ◆ 路線めぐり(PDF:1,123KB)
山の旅 ◆ 水郡線
海の旅 ◆ 常磐線・湊鉄道線
参加・体験の旅 ◆ 大洗鹿島線・鹿島鉄道・水戸線

つくばエクスプレスの胎動(PDF:225KB)

「私たちのつくばスタイル」(PDF:945KB)
[part 2] TXが描く未来
県内で今もっとも注目され、話題性の高い場所といえば、つくばエクスプレス(TX)の開業を目前にした「つくば」です。ここでは、TXによって到来する明るい未来を感じさせる話題を中心に、TXによって交流の輪が広がり、人々が活き活きと暮らしている姿を描きます。

いばらき魅力人ファイル(PDF:689KB)
東京ビデオフェスティバルで国内外作品の頂点に
大木千恵子さん【映像作家】
今年の2月に開催された「東京ビデオフェスティバル」で、国内外の作品2,605点の頂点となる最優秀賞「ビデオ大賞」を受賞。大木さんの作品「つぶつぶのひび」は、納豆工場で働いている作者が、小型飛行機に乗って空から自分の生活圏を見ることによって、自らの存在を確かめようとするもの。

田舎といい仲(PDF:360KB)
北茨城市平潟町
あんこうの水揚げで知られる茨城県最北端の港町、平潟。近くの海岸では、地元の人がワカメを採っていました。まだまだ茨城にも情緒たっぷりののどかな田舎の風景が残されています。

県の出来事120days(PDF:316KB)
3月から6月までの県内で開催されたイベントや行事を紹介しています。

イベントスケジュール でかけてねット(PDF:246KB)
これから行われる7から9月の県内のイベント情報を紹介しています。

当世いばらきモノづくり事情(PDF:422KB)
世界一の癒やしロボット「パロ」産業技術総合研究所
いば城県内で研究されている新産業・先端科学技術を紹介する企画です。今回取り上げる「パロ」は、開催中の「愛・地球博」でも人気のアザラシ型ロボット。これがただのロボットではない。人にやすらぎを与えることのできる世界一の癒しロボットなのです。

おいしさ発信 いばらきブランド(PDF:315KB)
【鶏卵】
「鶏卵の産出額トップの都道府県はどこだか知っていますか?」実は私たちが住むここ茨城県なのです。飼育方法や飼料にこだわりながら、品質優先で鶏卵を生産している人たちがいます。さあ、とびきりの卵かけご飯を食べてみましょう。

広報広聴課ホームページ 茨城県ホームページ

ご意見・ご感想など E-MAIL:koho3@pref.ibaraki.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

営業戦略部営業企画課広報

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2128

FAX番号:029-301-3668

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?